呪術廻戦の狗巻棘(いぬまきとげ)の術式&領域展開!呪言が万能過ぎる!

狗巻棘

この記事では呪術廻戦の狗巻棘(いぬまきとげ)の万能と言われる術式「呪言」の種類と領域展開について解説していきます。

狗巻棘は語彙が「おにぎりの具」しか無いと言う個性が特徴で登場シーンが少ないながらも存在感のあるキャラです。

そんな狗巻棘が使う「呪言」は発した言葉に呪いを込めることが出来る強力な術式です。

まずは狗巻棘のプロフィールをご紹介し、その後に術式や領域展開について解説していきます。

この記事の概要
  • 呪術廻戦の狗巻棘(いぬまきとげ)のプロフィール一覧
  • 狗巻棘(いぬまきとげ)の「呪言」の種類と効果・領域展開

※【注】呪術廻戦のネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→呪術廻戦の関連記事を見る

呪術廻戦の狗巻棘(いぬまきとげ)のプロフィール一覧表!

まずは狗巻棘のプロフィールを一覧表にまとめましたのでそちらをご覧ください。

0巻での登場時は呪術高専1年で2級術師、本編では2年で準1級術師と東京校の中でも1人頭が抜けてる優秀な生徒です。

比較的小柄な体型で、語彙がおにぎりの具しか無いと言った特徴があり全身を使ったコミカルな動きを駆使しながら会話をしています。

0巻では、狗巻棘の優しい性格がわかるシーンが登場しますが乙骨憂太に伝わらず驚かれるなんてこともあります。

名前 狗巻棘
(いぬまきとげ)
誕生日 10月23日
身長 170cm前後
所属 東京都立呪術専門高等学校2年
階級 (0巻)2級呪術師、
(本編)準1級呪術師
術式 呪言
領域展開 不明
呪印 蛇の目と牙
好きな
おにぎりの具
ツナマヨ
特技 足が速い
性格 優しい、温厚

 

呪術廻戦の狗巻棘(いぬまきとげ)の術式「呪言」とは?領域展開は使える?

狗巻棘のプロフィールを一覧形式でご紹介してきました。

ここからは狗巻棘が使う術式「呪言」や領域展開について解説していきます。

狗巻棘の術式は本編では登場回数が少ないながらも非常に強い印象を残している術式です。

狗巻棘(いぬまきとげ)の術式「呪言」の詳細

狗巻棘(いぬまきとげ)の術式「呪言」の詳細『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

狗巻棘が使う術式の「呪言」は発した言葉に呪いを込めることが可能で、狗巻棘が呪言師の末裔であるためこのような術式を使うことが出来ます。

呪言は「潰れろ」のように即死させたり、「眠れ」や「動くな」など一時的に相手の動きに制限をかける事も出来ます。

狗巻棘(いぬまきとげ)の術式「呪言」の詳細『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

術式対象は複数人も可能で、本編では拡声器を使って呪言を使っているシーンもあることから術師次第で、とてつもない威力を発揮することが出来る術式となっています。

狗巻棘(いぬまきとげ)の「呪言」の種類と効果の一覧表

狗巻棘(いぬまきとげ)の「呪言」の種類と効果の一覧表『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

狗巻棘が本編や0巻で使ったことがある「呪言」を一覧表にまとめましたのでご紹介していきます。

呪言は人間や呪霊以外の物体にも使用可能で、「動くな」や「とまれ」など対象によって使い分けることが出来ます。

敵に使用するものだけでなく、味方に使うこともありその用途は多種多様となっています。

乙骨憂太が使った「死ね」は祈本里香の呪力を借りて発動できた呪言です。

呪言の種類 効果 登場する
巻数と話数
爆ぜろ 爆発 0巻 第2話
捻れろ 相手の体が捻じれる 0巻 第2話
潰れろ 相手が潰れる 0巻 第2話
堕ちろ 相手を地面ごと落とす 0巻 第3話
ぶっとべ 相手を吹っ飛ばす 6巻 第46話
動くな 相手の動きを止める 3巻 第17話
6巻 第45話
12巻 第100話
戻れ 式神などの術式解除 5巻 第43話
眠れ 相手を眠らせる 5巻 第43話
逃げろ 仲間を逃走させる 6巻 第44話
止まれ 物体を止める 6巻 第46話
死ね 相手を殺す 0巻 最終話
(乙骨憂太が使用)

 

狗巻棘(いぬまきとげ)の「呪言」の弱点とは?

狗巻棘(いぬまきとげ)の「呪言」の弱点とは?『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

狗巻棘の術式である「呪言」は非常に強力で、術師によっては簡単に人も殺せる強さですが「呪言」に弱点はあります。

「呪言」の弱点は発した呪言の内容に応じて喉に反動が返ってくることです。

狗巻棘は「呪言」を使う度に喉を痛めてしまう事から常にのど薬を持ち歩いていますが、相手や使い方次第では喉に負担がかかり過ぎて吐血することもあります。

本編でも京都校との交流会に乱入してきた花御との戦闘シーンでは呪言を連発し過ぎたことにより吐血してしまいます。

狗巻棘(いぬまきとげ)の「呪言」の弱点とは?『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

強力な「呪言」ほど喉への負担は大きくなりますが、このシーンでは「動くな」や「止まれ」と言った負担が軽い呪言しか使っていません。

それでも吐血してしまったのは花御の強さが狗巻棘の喉への負担を大きくしていた事が原因です。

狗巻棘(いぬまきとげ)は領域展開を使える?

狗巻棘はまだ領域展開を使うことが出来ません。

領域展開は発動することで術式に「必中効果を付与する」ことが出来ますが、狗巻棘が使う呪言は声の届く距離が術式範囲なのであまりメリットがないように思えます。

もしかしたら狗巻棘の領域展開には「必中効果」以外の効果が付与されるのかもしれません。

狗巻棘(いぬまきとげ)の身体能力と戦闘能力

狗巻棘(いぬまきとげ)の身体能力と戦闘能力『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

狗巻棘の身体能力・戦闘能力は高く0巻の乙骨憂太と狗巻棘の共同任務の際に戦闘能力の高さを発揮しています。
狗巻棘は乙骨憂太から投げられたのど薬をキャッチしてから呪言を放つと言った器用さも兼ね備えています。

狗巻棘(いぬまきとげ)の身体能力と戦闘能力『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

また、京都校との野球のシーンでは足の速さを魅せるなど身体能力の高さがうかがえます。

呪術廻戦の狗巻棘(いぬまきとげ)は辛い過去がある?術式「呪言」のエピソード!

呪術廻戦の狗巻棘(いぬまきとげ)は辛い過去がある?術式「呪言」のエピソード!『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

狗巻棘は生まれた時には既に「呪言」の術式が付与されていました。

ですが、それ故に意図せず相手を「呪言」で呪ってしまうと言ったつらい過去があったようです。

呪術界では呪霊が見えたり、術式を使うことが出来るのは一部の人間なのでそれが原因で気味悪がられたりした過去があるのかもしれません。

乙骨憂太のように意図せず相手を傷つけてしまったりと言った辛い経験をしてきたからこその優しい性格とも考えられます。

「呪術廻戦の狗巻棘(いぬまきとげ)の術式&領域展開!呪言が万能過ぎる!」まとめ

今回の記事では呪術廻戦の2年生・狗巻棘の術式である「呪言」の万能さや領域展開についてご紹介してきました。

狗巻棘はまだまだ謎の部分が多く、セリフもおにぎりの具しか無いのでクールなイメージですが意外と会話をしているキャラです。

狗巻棘は虎杖悠仁や釘崎野薔薇の二人とは会話が成立していませんが、同じ1年の伏黒恵とは会話が成立しているので1年の二人と会話が出来るようになる日も近いのでは無いでしょうか。

→呪術廻戦の狗巻棘(いぬまきとげ)のかわいいシーンを見る

→呪術廻戦の狗巻棘(いぬまきとげ)のかっこいいしたいとシーンを見る

→呪術廻戦の関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました