【呪術廻戦】裏梅と宿儺、五条との関係!過去や正体を解説!

裏梅

この記事では呪術廻戦の呪詛師側のキャラクター「裏梅」と宿儺との関係、その過去や五条家との関係性について考察します。

裏梅は偽夏油側に居るキャラですが登場があまりなく、影の薄いキャラでした。
しかし、物語が展開していくにつれて重要キャラクターであることが分かってきました。

まず初めに裏梅がどんなキャラなのか解説し、その後宿儺・五条家との関係性などを紹介していこうと思います。

 

この記事の概要
  • 裏梅のキャラや登場シーンの解説
  • 裏梅の宿儺と五条家の関係性について解説
  • 裏梅の正体の考察

※【注】呪術廻戦のネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→呪術廻戦の関連記事を見る

【呪術廻戦】裏梅のプロフィールや五条、宿儺との関係を解説!強さも本物!

裏梅は登場回数が少なく、影の薄いキャラクターだったので渋谷事変で「誰だろう?」と思った方も多いと思います。

それなのでまずは裏梅の基本的なプロフィールや登場した回の解説をします。

裏梅の性別、術式、などのプロフィール

裏梅の情報は少ないため、記述できる量もそれゆえ少なくなってます。
あえてそうしているのかもしれません。

現に「男か女かもわからねえ」とコメントするキャラも存在していますし、性別不明の謎の多いキャラクターです。

名前:裏梅(うらうめ)
性別:不明
年齢:1000歳以上?
家柄:不明(五条家?)
扱う呪術:不明
階級:不明
声優:不明

今後アニメが放送されるのならば、裏梅の声優も気になるところですね!

裏梅の立場

裏梅の立場『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

第7巻53話で呪術高専を襲撃したハンガーラック男が裏梅に指示で動いていたことが分かりました(ここではまだ裏梅の名前は判明していませんでしたが)。
おそらく裏梅は偽夏油の存在を高専側に漏らさないための指揮官の代役を担っていると考えられますね。

裏梅と夏油(羂索)はどんな関係?

裏梅と夏油(羂索)はどんな関係?『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

裏梅の存在は高専側にはわからない存在となっています。
「性別不明のオカッパ頭のガキんちょ」と言われて、高専側はピンとくる人物はいませんでした。

先ほど申した通り、偽夏油の代理を行っている裏梅。

偽夏油の身体提起特徴を言われてしまうと高専側にすぐばれているので裏梅が代理で行っていると考えられますね。

また宿儺に会うことが目的の裏海は、利害の一致で偽夏油の側に居るのだとも考えられます。

裏梅が初登場(7巻の第53話)

裏梅が初登場(7巻の第53話)『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

初登場シーンはセリフはないながらもアップで登場しました。
第7巻53話で陀艮の領域展開により偽夏油らがバカンスしていた時に後ろにひかえています。
まるで秘書やサポート役といった様子。
偽夏油とはたまたま利害が一致した協力者なのではないかと考えられていますが、現時点では推測に域を出ません。

裏梅が補助監督の殺害を指示する(11巻の第92話)

裏梅が補助監督の殺害を指示する(11巻の第92話)『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

本編での2回目の登場は11巻の92話でした。
この時渋谷事変の真っ最中。伊地知たち補助監督は各地で連絡を取り合ってました。
しかし伊地知は偽夏油側のサイドテールの呪詛師に刺され重傷に。

そのサイドテールの呪詛師に連絡、指示を送っていたのが裏梅。
スーツの人間を狩り続けてく下さい」と言っています。この時ようやく裏梅は本編で喋りました。

裏梅が宿儺を迎えに来る(14巻の第116話)

裏梅が宿儺を迎えに来る(14巻の第116話)

『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

裏梅の3回目の登場は14巻116話。
この時ようやく裏梅が重要キャラクターであることが明かされます。

虎杖悠仁が脹相との戦闘で意識不明となります。
その間に漏瑚が宿儺の指を食べさせるで、一時的に宿儺が現れしました。

その宿儺に対して「お迎えに上がりました」と言う裏梅。
何に「お迎え」するかはわかりませんが、2人に間に何かあることは確かです。

しかし宿儺と関係することですから、並々ならぬ事情があると考えられますね。

裏梅の術式「氷凝呪法(ひこりじゅほう)」(16巻の第135話)

裏梅の術式「氷凝呪法(ひこりじゅほう)」『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

第135話で裏梅は術式「氷凝呪法」というものを見せています。
これによりその場にいた虎杖悠二などは一瞬で凍らされます。

下手に動くと凍らされているので自分も割れかねません。
拘束技として非常に有効です。

この技で裏梅が相当な実力者であることが分かります。
ただのモブではないことは明確です。

【呪術廻戦】宿儺と裏梅の過去や関係性を解説!実は五条家と繋がりのある家系?

ここまでで裏梅がただの影の薄いキャラクターではないことがわかってきました。
さらに宿儺と対面したことで重要なキャラであることも判明します。

ここからは宿儺と裏梅はどういう関係なのか?ということを推測していきます。

宿儺が裏梅と再会した時の反応

宿儺が裏梅と再会した時の反応『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

漫画14巻の第116話で宿儺が裏梅を見た時、宿儺は意外にも「誰だ。」と言っています。
つまり今の裏梅の容姿では裏梅ということが分からないようです。

そしてその後、跪く裏梅を見て「裏梅か!!」とテンション高めに声をかけます。
それに対して裏梅は「お久しうございます」と挨拶。

裏梅を知っている宿儺。
そして裏梅の「お久しうございます」という挨拶から、2人は昔から主従関係にあったのではないかと考えられます。

また宿儺が「裏梅か!!」と言ってる時の表情は知り合いに必死ぶりに会ってうれしい、と言う表情には見えない気がします。
これ2人の関係が分かったらこの表情の意味が分かりそうですね。

裏梅は1000年前の術師?

裏梅は1000年前の術師?『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

漫画1巻第3話で五条悟が宿儺のことを「宿儺は1000年以上前に実在していた人間である」と虎杖悠仁に説明するところがあります。

そうなると裏梅とは1000年以上前から主従関係があったと考えられます。
そうなるとつまり裏梅は1000年以上生きてることになります。

裏梅がどうやって1000年以上生きているのか不明ですが、宿儺が裏梅の見た目で判断できなかったことから裏梅の子孫という可能性が考えられます。また身体を転々と変えているという方法も考えられます。

宿儺と裏梅の関係

宿儺と裏梅の関係『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

裏梅と宿儺が別れる場面で「またな、裏梅」と宿儺が声をかけます。

宿儺がこんな風に優しく声をかけるのは珍しい事です。

今興味があるのは伏黒恵だけ、とされている宿儺ですから。
この言葉から察するに、裏梅が興味があるかどうかは置いておいて、信頼はしているのではないか?と考えられます。

裏梅とは主従の関係が長いようですし、そう感じますね。

【呪術廻戦】裏梅と五条家の関係!実は五条の家系の生まれ?

上記までは裏梅がどのような人物なのか登場シーンで振り返り、宿儺との関係性にも迫っていきました。

しかし何故1000年生きているのかなど、様々なことは謎のまま。

本編でも謎に包まれている裏梅の家系や、五条家とのかかわりなど、さまざまな手掛かりから推測していこうと思います!

裏梅は長年、獄門疆の中にいた?

裏梅は長年、獄門疆の中にいた?『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

宿儺と裏夢は先ほどのやり取りから1000年以上前から面識があることがわかります。
その1000年以上ものじかんをどうやって超えていけるかと考えると、呪術廻戦において様々な方法がありますが、そのうちの1つに獄門疆の中にいたという方法が挙げられます。

漫画11巻の第91話で五条悟は獄門疆に封印されますが、その時に「物理的時間は流れていない」と言っています。それなら獄門疆の中で1000年間生きていても不思議ではありません。

獄門疆は1人しか封印できないため、この仮説通りなら五条悟の前に封印されていたことになります。

それなら偽夏油が封印を解いて裏梅を外に出したと思えば、偽夏油との接点もできます。

裏梅は受肉体?

上記以外の方法として、両面宿儺や呪胎九相図のように呪物として受肉している可能性も考えられます。
裏梅は受肉体?『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

宿儺の場合は虎杖悠仁によって受肉することがたびたびあります。
呪胎九相図はその辺の一般人に受肉させることで現代に顕現しています。

宿儺の呪肉体となるのは虎杖悠二のみという限定的な状況ですが、呪胎九相図は呪霊も見えない一般人に受肉しています。
そして、脹相・壊相・血塗が生まれました。

宿儺以外の特急呪物は特急呪術師ではなくとも受持肉出来ると考えられます。
裏梅も呪物として受肉したのかもしれません。

裏梅と五条家の関係は?

そもそも1000年超えて生きる裏梅は何者なのか?と言うところを探っていこうと思います。
ネットでは裏梅の名前に対して「菅原道真」との関係を連想する声が多いです。

 

裏梅と五条家の関係は?『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社

菅原道真は五条悟、ひいては五条家の祖先であり0巻で登場した乙骨優太の祖先です。
超大物呪術師として呪術廻戦においては設定されています。

そんな菅原道真は梅の花を愛していたことで有名です。和歌にも詠んでおり、また菅原家の家紋は梅の花が使われいています。

裏梅と五条家の関係は?

引用:コトバンク

そして「裏梅」とは、梅の花の裏面を図案化した家紋をを表しています。
この共通点が偶然じゃないとすると、五条家と何か関係がある血筋と考えられます。

こうなると「裏梅」が家紋の名前なのか、個人の名前なのか、気になるところですね。
ただ「またな裏梅」と宿儺が言っており、言い方が個人名っぽい感じはします。

「【呪術廻戦】裏梅と宿儺、五条との関係!過去や正体を解説!」まとめ

どうでしたか?今回は「裏梅」というキャラクターについて深く考察していきました!

サブキャラと捉えられていた裏梅ですが、重要キャラクターなのが回を押ごとにわかってきました。

虎杖悠二らの敵になるのかどうがもまだわからないので、今後に注目ですね。

こういった伏線が張られているのも呪術廻戦の醍醐味!
今後が気になりますね!
→呪術廻戦の関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました